石牟礼道子さんのところへ行きました。

昨日は娘と一緒に石牟礼道子さんのところへ行きました。

私は彼女に会う度に自分の原点を取り戻し、大切なことに気付きます。私にとって石牟礼さんは、
溝口秋生先生と同じに大切な存在です。

今担当している患者相談業務は、以前は悩みの尽きない仕事でした。水俣病は治る病気ではなく、差別の解消はすぐにはできず、時には水俣病以外のヘビーな相談もあり。苦しい社会を反映している気がします。私にはどれも解決できないことなのに、なぜ相談に来るのか。

前に、患者に対して何もできない自分の不甲斐なさに泣きたくなることがあると、石牟礼さんに呟いたことがあります。すると彼女は、「あなたは悶え加勢しよるとね。昔水俣ではようありよりましたよ。人が苦しみよらすとき、その人の家の前をオロオロと行ったり来たり。それだけでその人は少しだけ楽になる。悶え加勢つづけなさい」と言い、私自身が楽になりました。いま、この仕事を天職だと感じます。小さな活動の積み重ねから、もうひとつのこの世、「安心して迷惑をかけあえる社会」へ向かっていけると信じています。
何かができるようになるのはもちろん大切だけど、それまでは悶え加勢する自分でいようと思います。

思春期に入り悩みの出てきた娘にとって、石牟礼さんの言葉に触れたことは実りでした。苦しい社会を生きていく中で、これから更なる悩みを持つであろう娘に、私を含む沢山の「居場所」を作っておきたいです。お金という財産を残してやれる気もやる気もしませんが(笑)、逃げ場や居場所はお金には変えられない財産になると思います。

子を育てるという学びの真っ只中にいる今、本当に色々あります。泣くこともあるけど「色々」は、きっと娘と私の糧になる。すべての出来事は必然です。一度しかない娘との時間を後悔のないように、精一杯に過ごしていこうと思います。
たくさんの人に支えられて私たちがあるんだと、たくさんのありがとうを感じた日でした。

写真は石牟礼道子さんからサイン入りの「あやとりの記」をもらった娘です。

今日は理事会です。「今後の相思社のあり方を考える委員会」の報告の時間をもらいました。これまでの活動報告や、私たち若手がつくりたい相思社を提案します。私は相思社を患者やすべての生きづらさを抱える人たちの拠り所になるような相談所として確立させたいと思っています。物販や案内からの提案もあります。私たちの勝手な言い分もありますが、理事の皆さんにしっかりと叩いてもらいたいと思います。

もう一つのこの世に向かって。

カテゴリー: 活動のきろく   パーマリンク

石牟礼道子さんのところへ行きました。 への7件のコメント

  1. もやもや より:

    色々なことが、ありますね、子どもと親て難しいですよ、自分が、話すのもおかしいけど、子どもとの距離感が、難しいかな、自分は、失格ですけど、理事会では、思った事、やりたい事、意見言ってください、その方が永野さんらしいです。水俣~色々な方と、永野さんのやる気こうどうにいつも、元気をもらってます、あと何年話したり、できるか、わかりませんが、又色々な事おしえてください。もやもやの会も6月中ごろ又あつまります。やっぱり、水俣へいきたいです。それでは、スタッフ、永野さんいつもありがとう。水俣はまだまだ遠い、でも、又水俣へいきたいです。

  2. 柳田 正博 より:

    石牟礼さまの体調はいかがなのでしょうか。心配でいつも祈るような思いでいます。
    どんなに心配しても遠くの地で何もできませんが、心はいつも悶え加勢しております。

    子育て真っ最中の永野さまへ
    私も言う資格ないけれど、子供の根性は親の生きざまだったかなと思います。
    金も名誉もないけど、人として恥ずかしくなく、一生懸命、何事に対しても生き生きと取り組んでいる姿を、子供達にどの位見せられたか、一緒に居られる時間・空間をどれだけ共有できたかは大きかったと思います。
    永野さんの今の生きざまは大丈夫、しっかり娘さんに伝わっていると思います。

    理事会いかがでしたか。これからの相思社、もうひとつの世界が楽しみです。
    なんかもうワクワクしてしまいます。

    追伸:写真を見ることができ良かったです。ありがとう。

  3. 永野 三智 より:

    もやもやさん
    お世話になります♪水俣、ぜひ来てください!なかなか仕事をしながら子育てというのは大変ですね、子どももやりたいことも大切に、だけど一番は足元の子どもを大切に大切に歩いていきたいと思います。6月のもやもやの会のこと、また聞かせてくださいね!私こそ色々教えてもらいたいことがあります。8月の堺市訪問が楽しみです♪またお会いできるのを楽しみにしています♪

  4. 永野 三智 より:

    柳田様
    お世話になります。石牟礼さんの体調は、薬を飲んでいるときは良いようです。
    子育てと仕事のバランスに苦戦しています。反省して、無理矢理に娘との時間を作ろうと一日30分の夜の散歩を日課にしています。余計なものがないところでただただ歩くと、娘から色んな話が出てきてコミュニケーションになるし、私自身の切り替えの時間にもなっています。柳田さんやもやもやさんのアドバイスを大切にします。
    理事会は、理事長から意見をいただき、ありがたい限りでした。もう一つのこの世に向かって歩きます。

  5. 貞好康志 より:

    永野さん、昨日は突然押しかけたにも拘わらず丁寧に応対してくださり、ありがとうございました。石牟礼さんのご著作等を通じてしか知らなかった「水俣」がぐっと身近になりました。上記フェイスブックにも記しましたが、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ・ミナマタの経験と教訓を、少しでも世界の人々、特に私の専門地域である東南アジアの人々に伝える作業に今後微力を尽くしたいと思います。まずは自分が勉強です。なにとぞご教示のほどお願い致します。他のスタッフの方々にもどうぞよろしく。ご自愛切に…

  6. 貞好康志 より:

    追伸)永野さん、8月↑堺へいらっしゃるのですか?正確に何日、どのようなイベントですか?日程が合うようでしたら私も駈けつけたいと思いますので、ご教示ください。

  7. 永野 三智 より:

    貞好さん
    ゴミ捨てを快く手伝っていただき、ありがとうございました!助かりました~♪そして、水俣を身近に感じていただけたようで、嬉しく思います。またぜひいらしてくださいね~!
    私も貞好さんの活動を応援しています!繋がっていきましょう。
    スタッフも、このブログを読んでいますが、改めてよろしく伝えておきますね!
    8月の堺市は、人権協議会主催の研修会です。一般の方の参加が可能であればお伝えしたいと思います^^ 関心を持っていただいて、ありがとうございます!

コメントをどうぞ