袋中学校が来館

1月28日(土)水俣市立袋中学校の2年生約30名が相思社に来ました。
考証館を見学したあと、集会棟で講話とワークショップをしました。

袋中学は水俣市の南端、水俣病の発生地域である袋湾の近くにあります。
各学年1クラスの小さな学校です。
毎年、3学期になると2年生が相思社に勉強に来ます。
先生も生徒たちも真剣に取り組んでいます。

写真は、実験ネコの御位牌の説明をしているところです。

カテゴリー: 活動のきろく   パーマリンク

コメントは受け付けていません。