トップ >>> 水俣病入門 >>> 語り部のお話

語り部のお話



*杉本栄子さんの紹介

 杉本栄子さんは、1938年、水俣市茂道(もどう)の網元の
家に生まれ、3歳の頃からお父さんに漁を習いました。
1959年にお母さんが茂道で最初に水俣病で入院したことで、
いろいろな差別を受けました。お父さんは1969年水俣病で
亡くなりました。
家族とともに漁業を営みながら、語り部として水俣病の経験を
伝える活動を行っていました。

2008年2月28日、永眠されました。

語り部のお話
杉本 栄子さん
話の内容
語り部のお話
生駒 秀夫さん 話の内容

杉本さんのお話を聞いて、感想や質問などありましたら、こちらまでお願いします。

「語り部のお話」は2005年度地球環境基金助成を受けて作成しました。