理事の丸山定巳さんがお亡くなりになりました

社会学の観点から水俣病患者支援に尽力し、長年相思社を支え助けてくださった理事の丸山定巳(まるやま・さだみ)さんが12月27日早朝亡くなられました。74歳でした。

丸山定巳さんは1968年に熊本大学講師となり、翌年、水俣病第一次訴訟の原告を支援する「水俣病研究会」の設立メンバーとなり理論面から訴訟を支えました。また、原因企業チッソや行政の内部文書、関係者の手記などの膨大な資料をまとめた「水俣病事件資料集」(96年刊行)の編著者も務められました。

相思社とのご縁も深く、1974年の設立から支えていただき、1989年、相思社の危機的状況であった甘夏事件では相思社存続・管理運営検討委員会メンバーとして、それから12年経過後の2001年度「転換期を迎えた相思社の活動のあり方」答申の委員長を務め、現在も「今後の相思社のあり方を考える検討委員会」の座長を務めていただいておりました。

常に患者や社会的弱者の視点に立ち、それを様々な立場の方たちに、優しく丁寧に伝え続けた方でした。お酒が強く、夜遅くまで飲みながら私たちに支援とは何かを教え続けてくれました。丸山定巳さんにお教えいただいたことをこれまで以上に大切にして歩んでいきたいと思います。
丸山定巳さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お葬式は家族葬とのことです。後日、お別れの会が開かれることとなりました。詳細は追ってお知らせ致します。

カテゴリー: Topix パーマリンク

コメントは停止中です。