浜玉中学校の考証館案内!

先日25日(木)のお昼から、佐賀県にある唐津市立浜玉中学校の生徒さん(105名)が来館されました。私は中学生に対して考証館案内するのは初めてで、その日は朝からずっと緊張の1日でした。「どんな風に言ったら伝わるかな。反応はどんな感じだろう。」と期待と不安の気持ちでいっぱいでしたが、相思社の先輩職員に色々なアドバイスを聞きつつ今回は挑みました。

1組30人の生徒さんを時間差で2回、案内しました。
来る前に解説のシミュレーションを考証館でしていると、外から子供達の声が聞こえてきました。
その際に緊張は高まりましたが頭が真っ白になることはなく、その後何とか解説をすることが出来ました。生徒さんや先生の反応にドキドキしつつ、質問形式で解説を行ったりする際は、返事が返って来ると、とても嬉しかったです。

私自身、中学校時代に水俣病学習をした際の話しは、残念なことにほとんど記憶がありません。今回の案内も含め、自分達の身近に感じてくれるように言葉や物、思いなどを今後も工夫しながら伝えていけたらと改めて思う1日となりました。

カテゴリー: スタッフのひとこと パーマリンク