光闡坊御示談奉仕団の皆様を案内

光闡坊(こうせんぼう)という石川県加賀市のお寺のご住職と全国を巡るツアー「御示談奉仕団」の皆さん(18名)が水俣にいらっしゃいました。
相思社では3月2日に水俣病関連地案内をし、4日に考証館案内そして最期に荒木洋子さんのお話を聞きました。

永野が2日、葛西が4日を担当しました。

荒木さんのお話は岩波新書『証言集』「一家全滅の淵から」の証言の一部をスクリーンに写し、葛西が朗読したあと荒木さんにそのときのことを思い出しながら語っていただきました。
明るくほがらかな荒木さんの印象とは対象的な、悲惨で壮絶な出来事を淡々と語っていただきました。

カテゴリー: 活動のきろく タグ: , パーマリンク