熊日連載「水俣から問う」

6月2日の熊本日日新聞。連載「水俣から問う」で相思社のことを取り上げていただきました。

この記事では、1972年ストックホルムで開かれた国連人間環境会議で水俣病問題が発信され、それをきっかけに水俣病センターが構想された、と書かれていますが、「水俣病センター構想」はそのとき既にあり、「水俣アピール」として、患者たちは設立目的を発表し、協力を呼びかけています。

「水俣アピール」全文はこちらにあります。
http://www.soshisha.org/jp/about_soshisha/history/minamata_appeal

20200602熊日_水俣から問う|水俣病センター相思社

カテゴリー: Topix パーマリンク

コメントは停止中です。