相思社宿泊時の感染症対策について

相思社では水俣病学習を目的とされる方は、宿泊することができます。大学のゼミ合宿や、卒論作成のための長期宿泊にもご利用いただけます。もちろん社会人の方もご利用いただけます。

本来でしたら25人程度まで宿泊できるのですが、新型コロナ感染予防のため密接状態を作らないように、当面のあいだ10名程度までとさせていただきます。

当面のあいだ、受け入れは2団体(個人)までとさせていただきます。(2021/05/11)

その他、次のような対策をいたします。

  • 従来どおり宿帳に氏名と連絡先を記入していただきます。
  • 外からの入室の際、各部屋に設置してあるアルコールで手指の消毒をしてください。
  • 敷地内ではマスクを常用していただきます。職員もマスクを着用します。
  • 就寝は、集会棟に最大7名、宿泊棟の個室には1名ずつ泊まっていただきます。
  • 部屋では定期的に窓を開放し風を入れていただきます。
  • ドアノブ、把手、テーブル、スイッチ、水道栓など、手が触れるところは職員が毎日アルコール消毒を行います。
  • 食堂、台所での歓談は禁止します。歓談は屋外でマスク着用でお願いします。(2021/05/11)
カテゴリー: Topix パーマリンク

コメントは停止中です。